境友自治会

防災情報   

三角公園(2021/08/02)

 境友自治会館の傍にある通称「三角公園」(正式名:境友こどもの遊び場)と言う小さな広場は自治会の真ん中の公園として、子供たちの遊び場として、また時には自治会の納涼祭りの会場や子供たちの夏のラジオ体操の会場になるなど大切な場所です。

 長い年月が経ち、鉄柵(会員有志が設置)や遊具のペンキも剥げたところも増えて傷みが目立つようになりました。区に相談しましたが残念ながら補修計画が無いとのことで、自治会で業者に依頼してペンキの塗り直しをすることにしました。経費を節約するため、砂場の天幕は自治会員の手で外して洗浄し、ペンキの塗り直しが終わってから張り直しました。梅雨の雨空にやきもきしながら塗装が終わるのを待ちましたが、なんとか夏休み前に塗り替えは終わり、自治会員の手で砂場の天幕を張り終えることができました。

s_1_砂場天幕
s_2_天幕を水洗い
s_3_塗り替え前の遊具
s_4_下塗りが半分終わった遊具
s_5_下塗りが半分終わった所
s_6_砂場天幕の張り直し作業
s_7_砂場天幕の張り直し作業
s_8_塗り替え後の遊具
s_9_塗り替え後の遊具
境友自治会一斉清掃(2021/05/30)

 例年は会員総出で行っていた一斉清掃ですが、コロナ禍の中、三密を避けるために班長・組長及び理事に参加者を絞って町内の2か所の公園の手入れを行いました。
背の高くなった公園の樹木も剪定し、子供たちの安全のために植え込みも刈り込みました。

1_三角公園作業風景1
2_三角公園作業風景2
3_三角公園生け垣の刈り込み
4_三角公園の集めた枝葉
11_大野公園の集めた草葉
5_三角公園after
6_三角公園before
7_大野公園ブランコbefore
8_大野公園ブランコafter
9_大野公園滑り台before
10_大野公園滑り台after
消毒液の配布はじめました(2020/04/12)

 新型コロナウイルスの感染が急激に拡大しつつありますが、未だ消毒液などが入手困難な状況が続いています。境友自治会では会員の安全を考慮し、消毒液の生成装置を購入し、会員への配布を始めました。

 消毒液の生成装置は大和市が導入したものと同じメーカーのもので、弱酸性次亜塩素酸水を生成します。これは、各種細菌をはじめ、インフルエンザウィルス、ノロウイルス等ウィルスにもに強い殺菌効果を発揮するものです。新型コロナウイルス禍の終息まで定期的に自治会員に配布するとともに、平時においても自治会イベントでの食中毒予防やインフルエンザ予防に活用していきます。

本件についてのお問い合わせは、境友自治会長藤村(365-0074)までお願いします。

餅つき大会(2019/12/21)

12月21日(土)、境友自治会恒例の餅つき大会が盛大に開催されました。
たくさんの自治会員が集い、多数の子供たちが餅つきを楽しみ、搗きたてのお餅と境友名物の豚汁に舌鼓を打っていました。

境友納涼祭り(2019/08/24)

 恒例の境友納涼祭りを開催しました。納涼日和にも恵まれ、17時30分に子供たちのお神輿でスタート、たくさんの来場者で大いに賑わいました。

みこし祭り(2019/07/28)

 子供会、わの会、役員協力の下で、楽しく・元気にパレードを行い、おいしい昼食を頂きました。
特に流しソーメンは大好評でした。

1.出発前_R
2.町内練り歩き_R
3.北公園集合_R
4.帰り道_R
5.境友坂_R
6.流し素麺_R
7.流し素麺_R
8.田楽とおにぎり_R
少年少女スポーツ大会(2019/07/13)

 境友自治会は、ソフトボールが優勝、ミニバスが4位の成績を収めました。
また、両キャプテンが最優秀選手に選ばれました。

境友バザー(2019/06/23)

 自治会館の維持・営繕、余剰品の再利用・有効活用、会員相互の交流と親睦を目的に毎年開催している境友バザーを今年も開催しました。自治会員皆様から提供頂いた品物の販売の他、「赤飯/おこわ、たこ焼き、フランクフルト、コーヒー&ケーキ、ラムネ、ビール」等の販売も行いました。時折小雨がぱらつく梅雨空でしたが多数の来場者でにぎわいました。

スタンドパイプ初期消火器具訓練とAED救命救急講習会 (2019/06/09)

 境友自治会では、横浜消防局旭消防署今宿出張所と消防団の皆様にご協力頂いて毎年スタンドパイプ初期消火器具の訓練とAEDを用いる救命救急講習会を行っています。今年も役員・理事の皆さんに参加頂いて訓練を行いました。

20190602_境友自治会一斉清掃