地域の出来事

2018.11.04

合同防災訓練

 笹野台小学校の校庭で毎年恒例の合同防災訓練が実施されました。今年は下田旭区長と川村旭消防署長が参加され、挨拶の中で近年増加している自然災害に備えることと、地域の連携をより強くすることの重要性について話されていました。

 今年の参加者は402名で、区役所関係者・今宿消防出張所・旭消防団櫻井第四分団長と第6班の皆さん、笹野台小学校飯田校長先生と教職員の方々、希望が丘中学校小嶋校長先生、野球部の木村先生に引率された23名の部員皆さん・ジュニアボランティアの小学生達・アマチュア無線非常通信協力会の方々・昼食ボランティアの皆さん・議員の先生方他で昨年を大幅に上回る参加者でした。

 旭消防団第四分団第6班による放水操法実技の後、4班に分かれて①AED操作・心肺蘇生法、②家庭防災員によるダンボールトイレ製作・炊飯器・非常無線交信の説明、③煙体験、④消火器の取り扱い方の訓練を行いました。

 訓練開始直後から雨が降り続きましたが、皆さん熱心に訓練を行なっていました。最後に今宿消防出張所の竹内所長から講評を受けて防災訓練を終了しました。)

20181104_合同防災訓練a
20181104_合同防災訓練b
20181104_合同防災訓練c
20181104_合同防災訓練d
20181104_合同防災訓練e
20181104_合同防災訓練f
20181104_合同防災訓練h
20181104_合同防災訓練i

戻る

ページの先頭へ