地域の出来事

2020.02.15

きらっとあさひ福祉大会

第1部
・オープニングアクト 「放課後等デイサービス鶴ヶ峰もえぎさくら」によるダンス披露
・主催者側より旭区社協会長:池田 宏史氏、旭区区連会長:山岸 弘樹氏、旭区長:下田 康晴氏の挨拶
・表彰式典 令和元年度旭区社会福祉功労表彰
    地域福祉功労:14名 / 2団体、寄付金品功労:2名 / 12団体、特別功労:7名

第2部
≪報告≫
きらっとあさひプラン(旭区地域福祉保健計画)
 第3期振り返りと第4期策定に向けて
 報告: 岡田 朋子氏(旭区地域福祉保健推進会議委員)
≪実践報告≫
テーマ 「一人ひとりに向き合う地域づくり」
 ~困りごとを抱える人を早期に把握し、支える仕組みづくり~
 報告:岐部 文明氏(羽沢地区自治連合会 会長)
 和田 勝己氏(羽沢地区社会福祉協議会 会長)
 長谷川 静江氏(羽沢三枚地区民生委員児童委員協議会 会長)
 コーディネーター: 平野 友康氏(横浜創英大学 講師)
羽沢プロジェクトの取組が「孤独死0(ゼロ)を目指して」と題して発表されました。
あおぞら昼食会や星空ビヤガーデンなど人が集う場そしてあらゆる人々の交流の場を提供しています。

戻る

ページの先頭へ